人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:moulton minx ( 33 ) タグの人気記事


2013年 01月 03日

moulton minxのある風景

e0053660_1985221.jpg

みなさん自転車乗ってますか?

by ozunu13 | 2013-01-03 19:09 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 15日

自転車と乗り心地 折りたたみの最初の1台は?

e0053660_19344746.jpg

自転車にもそれぞれの乗り心地がある。
ブロンプトンは携帯性にすぐれた素晴らしい自転車だが、
いかんせん乗り心地が悪い。
またそれほどスポーティでもない。

近所をのんびりポタリングしたい時には、
どうしてもMoulton の出番となる。

Moultonに乗っていて、
ブロンプトンに乗りかえると、
がつんがつんとショックがくるのがよくわかる。

なぜかMoultonに乗っていると、
段差が楽しくなる。
ところが重くて運ぶどころではない。
自転車はそれぞれ利点も欠点もあるのだ。

そういう点でdahonはなかなか良い選択だと思う。
リーズナブルで折りたため、走行性能も高い。
ところがその割には、世間の評価が低い。

dahonは、折りたたみの最初の1台として最適だろう。

by ozunu13 | 2011-02-15 19:36 | 自転車入門 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 01日

新年あけましておめでとうございます

e0053660_1521659.jpg

e0053660_152921.jpg

元旦は大晦日とは打って変わって良い天気となった。
寒いが、太陽が出ているので気持ちがいい。
e0053660_15253425.jpg

Moulton Minxでのんびりポタをしてきました。
本当に素晴らしい元旦だった。

今年もみなさまにとりましてよい年でありますように。

by ozunu13 | 2011-01-01 15:23 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(36)
2010年 12月 17日

Moulton Minxのある風景

e0053660_743213.jpg

綺麗にレストアしたピカピカの自転車もいいが、
この鉄のハンドルやステムの錆びやハゲ具合もいい味わいだ。

時代を経た味わいは人工的には作り出せないものだ。
だから古い建物や町並みも保存する必要があるのだろう。

by ozunu13 | 2010-12-17 07:44 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 17日

Moulton Minxのある風景

e0053660_824528.jpg


by ozunu13 | 2010-11-17 07:00 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(4)
2010年 10月 30日

Moulton Minxでポタリング

e0053660_2385052.jpg

天候悪化のため今日の阿波一は中止にした。
台風の影響で仕方がない。

午後から曇り空の中
まったりと走ってみた。

のんびりおいしいコーヒーを飲む。
一週間の疲れも取れたようだ。
e0053660_18134653.jpg


by ozunu13 | 2010-10-30 18:14 | 自転車 | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 13日

Moulton Minxのある風景

e0053660_646230.jpg

昨日の夜気持ちよく走っていたら、突然大雨に・・・・
梅雨明けはまだだろうか。

by ozunu13 | 2010-07-13 06:47 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 23日

Moulton Minxのある風景

e0053660_924646.jpg

だいたい休日の早朝は、ロードでその後小径車というパターンが多い。
ロードだと午前中に50㎞~60㎞軽く走れる。
それぐらいにすると、後日疲れが残らないからだ。

土曜日ロードで100㎞以上走るときは、日曜は小径車でのんびり流す。
小径車は、クールダウンと疲労回復に非常に役立っている。

よくサンワの大将に、ozunuさんは自転車がいつも綺麗だとびっくりされるが、
帰ってすぐや、雨の日には整備をしているからに過ぎない。

だから、汚い自転車や錆びだらけで放置されている自転車を見ると、
かわいそうで仕方がない。
せめて油さして、ボディーを拭いてやってほしい。
自転車は、単なる機械かもしれないけど、きっと喜ぶだろう。

by ozunu13 | 2010-05-23 09:15 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(8)
2010年 05月 16日

Moultonのある風景

e0053660_16494329.jpg

ちょっと疲労が抜けないときほど、モールトンのよさがわかるときはない。
乗っていて楽しい、しかも癒される自転車だ。
またそんなに乗っている人と出会わないのがいい。

そのものに「哲学」が具現されているもの。
そんなものがいい。
ただもうけようとしていないからだ。
いいものを作ろうという気骨が感じられる。

古いイタリアンロードバイクには塗装職人の名前まで刻まれている。
日常でも、誰が作ったのかがわかるようなものに囲まれていたい。

「デローザもウーゴが亡くなれば、ピナレロのようになってしまうだろう。
イタリアの職人魂は消えようとしている。」
これは、ルイジさんの言葉だ。

まだ手に入るうちに、70年代や80年代のいいフレームを手に入れたほうがいいだろう。

by ozunu13 | 2010-05-16 16:58 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(6)
2010年 03月 14日

Moultonのある風景

e0053660_18124365.jpg

今日は久しぶりの良い天気だった。
のんびりモールトンでポタってきた。
この走行感こそ空を漂うような感じと言えるだろう。

by ozunu13 | 2010-03-14 18:13 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(10)