人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Moultonレストア ( 5 ) タグの人気記事


2010年 11月 02日

Moulton レストア計画 家へ戻る

M&Mの宮田氏、赤松氏のご尽力によりここまで完成した。
距離を乗ってみるとわかるが、
信じられない剛性感とシルキーさだ。
e0053660_197205.jpg

もし新車のFがあるとしたら、これに近い乗り心地ではないだろうか。
そう思わせるような素晴らしさだ。
e0053660_1973316.jpg

このシンプルなFはほんとうに素晴らしい自転車だと思う。
製造番号からするとKirkby製だと思われる個体。
実におよそ50年前の自転車だ。
e0053660_1975510.jpg

設計にしっかりとした哲学がある自転車はそう無いと思う。
そこが、モールトンのモールトンたる所以だろう。

特に現代名前だけのどこそこ製が散乱する時代に、
こんな古い時代の自転車が素晴らしい発想と合理性に基づいていることは、
改めて驚かざるを得ない。

最初単なるスクラップだったのだが、
これほど綺麗な自転車に生まれ変わった。
同様の悩みを抱えている方も宮田氏に1度ぜひ相談してみてほしい。
どこかのぼったくり自転車屋さんにはない良心的な対応を期待できるはずだ。

良いものは時代を超越していると思う。
また一つ生涯アイテムが増えた。

by ozunu13 | 2010-11-02 19:25 | 自転車 | Trackback | Comments(6)
2010年 10月 14日

Moulton レストア計画 完成へ

e0053660_6133085.jpg

4月末より始めたが、
M&Mさん、工房赤松さんのご尽力によりほぼ完成した。
感謝である。
剥離塗装、サンドブラスト、腐り部分の修復、塗装とかなり大変だったようだ。
もうFは2度とやりたくないと言われたと聞いている。
e0053660_6134985.jpg

フレーム下部には腐りもあったが、
フロントサスペンションが意外としっかりしていたことが幸いしたようだ。
砲弾型ライトを装着して更にいい雰囲気になった。

ちょっと試乗したが、信じられないシルキーな乗り心地。
新車当時を彷彿とさせるもの?だった。

参考までにレストアする前の姿。
ヘッドバッジはオリジナルのまま。
e0053660_6204175.jpg


まだ現物は吉日を選んで乗って帰る予定なのでM&Mさんにある。

by ozunu13 | 2010-10-14 06:22 | 自転車 | Trackback | Comments(10)
2010年 09月 17日

Moulton レストア計画 塗装完成が一転・・・・・

e0053660_22395345.jpg

M&Mさん経由で、工房赤松さんで、剥離塗装をお願いした。
色見本表を厳密に対照しながら、moulton minxよりちょっと深めの赤にした。

長い間待っていた。
先日メールが来て、塗装が完成して送られてきたが、大問題が発生したという。

色見本表に指定した色の下の番号を指定してしまい、
なんとチョコレート色になってしまったというのだ。
悪く見れば、阪急電車・・・・・

早速実物を見に行った。
TSRにあるバーガンディーのような色合いとも見られる。

赤松さんも剥離塗装、錆び落とし、蝋付けなどいろいろ苦労をされたようで、
また一からやり直すものも忍びない。

見ているうちに良い色にも見えてきた。
とにかく塗装の仕上げが良い。

これも運命だったのか。

by ozunu13 | 2010-09-17 07:39 | 自転車 | Trackback | Comments(17)
2010年 05月 03日

ひたすら磨く

古い自転車の磨きは重要だ。
間違ってもワイヤーブラシは厳禁。
金属はピカールでもつけてひたすら磨く。
この作業に没頭している自分がいる。
毎日磨く、ひたすら磨く。

磨いてもメッキのはがれたところは仕方がない。
これを再メッキするのも一つの選択肢だ。
でも古ぼけた味わいとして見るのもいい。
e0053660_6483597.jpg


by ozunu13 | 2010-05-03 06:50 | 自転車入門 | Trackback | Comments(2)
2010年 04月 30日

Moulton 再塗装へ

e0053660_205576.jpg

Kirkby製のモールトンをM&Mさんへ再塗装のため持って行った。
部品をばらして、見るとハンドルバーがITMだったり、
クランクが左右違うのがついていたりと、なかなか面白かった。

上がサカエの昔のクランク。
下はどうやらチェコ製だ。
e0053660_2058416.jpg

同じKirkbyでも構造が若干違っていたりするので面白い。
このFは、元のイギリス人オーナーが、自分で適当に再塗装していたので、
オリジナルの色に近いように再現し、
できるだけ日常で使えるように整備しようと考えている。
塗装はウエムラ塗装へ出してもらう。
こんな旧車のレストアは、M&Mさんの独壇場だ。

by ozunu13 | 2010-04-30 21:01 | 自転車 | Trackback | Comments(6)