人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:デジタル一眼超入門 ( 18 ) タグの人気記事


2010年 12月 15日

デジタル一眼超入門 新機種に買い換える必要あるの?!

e0053660_1849306.jpg

カメラメーカーは毎年新型機種を発表する。
それに合わせて、上位機種に買い換えようとする人も多い。
しかし、古い機種といったいどう違うのか考えたことがあるだろうか。

例えばニコンD40をD7000に買い換えるとしよう。
どんな違いがあるだろうか。
まず液晶やファインダーが見やすいだろう。
夜間の撮影で1600以上のISO感度での撮影が実用になるだろうなどいろいろあるように思える。

しかし、ウェブ上で人に見せる場合、
実はまったく違いはなくなる。
カメラの有効画素数が300万と1600万でも、
素人目にはすごいなと思うだろうが、
縮小した場合、ほぼ同じに見えてしまうのだ。

ブログにアップするのに400×300ピクセルに縮小すると
どちらのカメラでとった画像でも約12万画素の画像になり、
見た目には違いがまったくわらかない。

では画素数の違いはどんな場合に発揮されるのだろうか。
実に簡単である。
引き延ばした場合の大きさによるだけなのだ。

200万画素だとはがきサイズまでだが、
1000万画素だとポスターサイズにまで引き延ばせる。

お金が有り余っているなら別だが、
わざわざ初心者が中上位機種を持つ必要性はまったくないことがわかるだろう。
(大きく重くて自転車で携帯しにくいものが多い。)

またオリンパスE300やニコンD50のような数年前の昔のモデルでも全く問題がないこともわかる。
コンデジでもうまい人が撮ると全然違う。
見た目の写真の違いは機種のランクの違いではないことが多い。

カメラも自転車と同じで使う人によるのだ。
新型の上位機種だからいい写真が撮れるのだろうか。

あなたはカメラメーカーに踊らされているだけなのかもしれない!?

by ozunu13 | 2010-12-15 19:02 | カメラ入門 | Trackback | Comments(12)
2010年 04月 16日

デジタル一眼レフ超入門 テーマのある写真

作例1
e0053660_0572439.jpg

こんな写真を撮る人は多い。
つまり何を撮っているかわからない写真だ。
作例2
e0053660_059482.jpg

更に寄って看板を強調してみる。
自分が何を撮りたいかを意識するとちょっと違う写真が撮れるだろう。

このようにズームを使わず、単焦点レンズで距離感をつかむことが必要。

by ozunu13 | 2010-04-16 23:56 | カメラ入門 | Trackback | Comments(8)
2010年 03月 28日

デジタル一眼超入門 空を青く撮る

e0053660_18331698.jpg

上はオートホワイトバランスで撮った。
下は晴天で撮ってある。
または曇りでもいいだろう。

明らかに下の方が空が青い。
また若干マイナス側に露出を補正すると余計に青くなる。
e0053660_18334287.jpg

いつもオートで撮っているとカメラの機能の半分以下しか使っていない。
説明書や解説をしっかり読んですべての操作をやってみることがお勧め。

E-300はオートで撮っても普通のカメラよりコダックブルーと呼ばれる青さを示す。
更に青く撮るにはちょっと操作するだけなので、ぜひ試して欲しい。

More

by ozunu13 | 2010-03-28 18:40 | カメラ入門 | Trackback | Comments(8)
2010年 02月 14日

デジタル一眼超入門 レンズの画角を知る

e0053660_18415125.jpg

上はolyumpus E300で50㎜F2。
換算では100㎜相当になる。
下は、ニコンで50㎜で撮影。75㎜相当になる。
e0053660_18423384.jpg

単焦点レンズを使えば、どの程度の範囲が写るのかに敏感になる。
いろいろレンズを持ち歩かないで、今月は50㎜とか100㎜とか決めた方がいいだろう。
その視野角を意識して写真を撮ってみるといいかもしれない。

これを撮っていると、店長さんがやってきた。
注意されるのかと思ったら、写真好きな方でいろいろお話をした。
どんなことで会話をするかわかないものだ。

by ozunu13 | 2010-02-14 18:46 | カメラ入門 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 11日

デジタル一眼レフ超入門 何を買うか

e0053660_8233433.jpg

(上の写真はフォーサーズの410で撮った。白飛びがしやすいと悪評があるが、そんな撮り方をしなければいいだけだろうと思う。)

画素数の競争も12000ぐらいで落ち着きそうだ。
では、最新のデジカメと型落ちのデジカメで1番違うのはなんだろう。
それは、実用となるISOだと思う。
新しければ新しいほど3600以上とかで撮れる。
GRデジタルでも1なら800が限界だった。

結論から言えば、ちょい古いデジカメでまったく問題ないということだ。
そんなに暗いところで写真を撮らないなら、
少し型落ちの安いデジ一で十分楽しめるだろう。
個人的には、オリンパスとリコー、ニコンを使っているので、
オリンパスなら
410、420、510、520あたりか名機と呼ばれているe300もいいだろう。
(以上の機種ならおおよそで2万円前後で手に入るだろう、中にはレンズ付きで販売されているものもそんな値段)

リコーのコンデジなら
GR1か2、GX100
(2万~3万)

ニコンなら
D200、D80、D70,D50の内部にモーター内蔵したものがいいだろう。
(マグネシュームボディーのD200は若干高めで今でも5万~6万、D80なら4万弱、D50で3万まで)

このような中古カメラは、王手のマップカメラの通販やyahooで探そう。

by ozunu13 | 2010-01-11 08:32 | カメラ入門 | Trackback | Comments(6)
2009年 11月 16日

デジタル一眼レフ超入門 多重露出

昔のカメラは、自動で巻き取りではなかった。
だから、撮影してから巻き取りを忘れると多重に露出され、画像がだぶった。
これを意図的に行うと、幻想的な写真が撮れる。

カメラの機能で多重露出ができる中級機以上のカメラなら、
カメラ内で操作ができる。
またRAWモードで撮影して、フォトショップなどのソフトで画像を重ねることも可能。
e0053660_22374791.jpg

e0053660_22375860.jpg

単に画像を重ねないで、できあがりをイメージしてからやってみよう。

by ozunu13 | 2009-11-16 20:33 | カメラ入門 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 14日

デジタル一眼レフ超入門 朝か夕方が狙い目

e0053660_701445.jpg

写真とはいかに光を取り入れるかが問題だと言われている。
どの世界の著名な写真家も朝や、夕方の光が柔らかいときが一番いいと勧めている。

by ozunu13 | 2009-10-14 07:00 | カメラ入門 | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 11日

デジタルカメラ超入門 気になったものを撮る

e0053660_20324399.jpg

そのためにはいつもカメラを持っていないといけない。
当たり前の話だが、重いかどうかは別にしてデジ一はいつも持っている。
ともかく気になったら撮る。

「おっ」と思ったら撮る。
余計なことを考えずに撮る。
基本はマニュアルで撮る。
e0053660_2035322.jpg

我々は別にプロじゃない。
勝手に写真をコピーされても怒るような作品でもない。

だから、気軽に撮ろう。
撮らなければ何も始まらない。

by ozunu13 | 2009-09-11 19:42 | カメラ入門 | Trackback | Comments(16)
2009年 06月 16日

デジタル一眼レフ超入門 気楽に撮ろう

e0053660_20291025.jpg

写真入門関連の本を読みすぎるとつまらない写真になることが多い。
絵画の歴史を見ても、偉大な芸術家は独学であることが多い。

歴史に残るような芸術家で、芸術学校を出た人は数えるぐらいしかいない。
真の芸術家は、自分の中のあふれ出るイマージュを具象化せざるをえないのだ。

我々のような凡人は、町を歩きながら気になるものを気楽に撮るのが一番だ。
ブログに載せるぐらいだったらそんな画素数もいらないだろう。
600万あれば十分だ。

高価なプロ仕様の機器を持っていても、素人には宝の持ち腐れになることが多い。
結局は、カメラメーカーに踊らされているにすぎないかもしれない。

いいなと思ったら即シャッターを押すことが一番大切だ。
でも、自分がいいと思っても人が良いと思うかは別問題。

自己満足でもいいのではないだろうか。
写真で生きていくのではないのなら。

by ozunu13 | 2009-06-16 20:31 | カメラ入門 | Trackback | Comments(6)
2009年 04月 07日

デジタルカメラ超入門 桜を撮る

桜だけを広角で撮ってもあまり印象的にはなりにくい。
人が入っていればまた別だ。
今回は以前やった「開放絞り」を少し絞って撮ってある。

背景を考えて、撮りたい花(見せたい花)を決め
マニュアルでピントを合わせよう。
カメラはお馬鹿さんなので、変なところにピントが合ってしまうからだ。

風で揺れるので、根気よく止まるのを待とう。
アップする前は必ずピントの確認をし
意図的な場合を除いて、ボケた写真は没にする。

よく適当にトリミングする人もいるが
構図を考えてトリミングは控えた方がいいだろう。
どんなに撮り直しがきくデジタルでも一期一会の気持ちが大切ではないかと思う。

同じしだれ桜でも背景を変えるとまったく違った雰囲気になる。
何を背景にしているかわかるだろうか。

作例 しだれ桜
e0053660_1991911.jpg

e0053660_1993187.jpg

e0053660_1994231.jpg


by ozunu13 | 2009-04-07 19:27 | カメラ入門 | Trackback | Comments(4)