人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

桜の開花 sakura

e0053660_18393643.jpg

日本人は桜が好きだ。
その儚さが好きなのではないだろうか。

すぐに満開になって散っていく。
桜は今ぐらいが1番美しいと思う。

by ozunu13 | 2011-03-31 18:41 | 植物 | Trackback | Comments(6)
2011年 03月 30日

春を感じてる

e0053660_8134498.jpg

冬毛から夏毛に生え替わりつつある。
暖かい風を感じているようだ。

by ozunu13 | 2011-03-30 18:38 | | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 29日

tikitのクイックシステム改良点

e0053660_1911381.jpg

tikitは簡単に折りたたみができる画期的なシステムを持っている。
それがワイヤー式のクイックシステムだ。
ただしばらく使っているとうまく作動しなくなるトラブルがあった。

そこでイトーサイクルさんの改良点はクランプ部分にオリジナルのスプリングをつけ、
矢印下の固定した部分をより動き安く調整するというものだ。
こうすることで以下のようなことがまたできるようになった。


by ozunu13 | 2011-03-29 19:32 | 自転車入門 | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 28日

東淀川のおいしいイタリアン Passo A Passo

いつもイトーサイクルさんへ行くときに困るのは食事。
一見ファミレスのようなところしかないのかと思っていた。
ちょっと調べてみると、東淀川の菅原にこぢんまりとしたイタリアンが有るという。
e0053660_1854869.jpg

場所柄それほど期待せず行ってみた。
パスタランチが980円で、スープかサラダとパスタ2種からひとつ、飲み物のセットだ。
e0053660_18514370.jpg

濃厚で非常においしかった。

パスタはペペロンチーニを頼んだ。
1番好きなオイル系パスタだ。
調理が始まるとニンニクの香りが辺りに充満してきて良い感じだ。
e0053660_1853951.jpg

ペペロンチーニは創意工夫に溢れていてかなりのおいしさだった。
今まで食べたベスト10には十分入ると思う。

これでイトーサイクルさんへ行くときの楽しみが増えた。
イタリア食堂Passo A Passo
06-6322-4437
月曜定休
大阪府大阪市東淀川区菅原4-10-34

by ozunu13 | 2011-03-28 18:57 | | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 27日

イトーサイクルさんへ

今日はポタ部の活動は所用につきしんぞうさんにお任せした。
最近信頼できる部員の方が増えてきたのでうれしい。
もう十分任せても安心できる。

大阪での所用をすませ、
イトーサイクルさんへtikitのクイックシステムの治療に行った。
いつも丁寧で早い仕事には感謝である。
これでtikitの良さが復活した。
e0053660_1651219.jpg

クイックシステムのワイヤー部分のゴム劣化によってうまく作動しなくなっていたが、
イトーさんのオリジナルのスプリングをつけて完治した。
自転車も人間が作るので故障や問題は起こる。
ただ良いお店とはそのような問題やクレームに対する対処の仕方にあると思う。
その点で私がブログでリンクしている店は安心なお店だと思っている。
e0053660_16524653.jpg

神戸ポタリングクラブのメンバーでtikitやポケロケを買われている方が多い。
今度予約された方のために、おまけしてやってくださいねとご主人に言ったら、
「わかりました」とお答えをいただいたので喜ばれるだろう。
e0053660_16563377.jpg

待っている間、イトーさんのアメリカンショートヘアーだろうか。
とってもなつかれてすりすりしてくる。
愛想がいい猫ちゃんだった。

by ozunu13 | 2011-03-27 16:59 | 自転車 | Trackback | Comments(10)
2011年 03月 26日

京都ポタリング

e0053660_19204528.jpg

所用の合間にポタリングをした。
京都は観光地化されていない路地裏が最高だ。
地元の人の生活が感じられる。

More

by ozunu13 | 2011-03-26 19:41 | 自転車 | Trackback | Comments(6)
2011年 03月 25日

ブロンプトンのある風景

e0053660_1841279.jpg

昔は神戸もこんな酒蔵通りの風景が長く続いていた。
地震前はロードでいつも通りながら、お酒の良い香りの中を漂っているようだった。
こんな景色はずっとあるだろうと信じていた。

でも古い建物はもう元には戻らない。
そこに人が住んで暮らしてきた年月が染みついているからだ。
新しく綺麗になった神戸の街を走りながら、
いつも悲しい気分になってしまう。

被災していないと被災した人の気持ちはわかりにくいと思う。
私はどれだけマスコミに腹が立ったか思い出した。
無神経なうるさいヘリコプターの音。
深刻そうな顔で勝手に質問してくるレポーター。
被災しているとテレビがないからラジオの報道が助かる。

マスコミは水やその他の物資不足を助長しているだけかもしれない。
大阪の府議会議長も巨人のオーナーも「おもいやり」という言葉がわからないんだろう。
自分が被災したらそんな発言はできないはずだ。

by ozunu13 | 2011-03-25 19:02 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(6)
2011年 03月 24日

盗難防止

e0053660_1839335.jpg

何回も啓発しておりますが、
自転車は放置せず見えるところに置きましょう。
放置するなら乗って行かないで歩いて行きましょう。
たとえ切れない鍵をつけていても、
サドルや前輪や後輪を外して持って行かれる場合もあります。

恥ずかしながら、私もただ1度だけ自転車を盗られたことがあります。
私はいつも危ない場所には、盗られてもよいボロボロの自転車で行きます。
ところが以前そのボロボロの自転車を持って行かれたことがあるのです。

こんな錆び錆びの自転車を盗るのは単なる足代わりだろうと推測し、
じっくり半径5キロぐらいを歩いて探しました。
すると2日後、ある集合住宅の近くで、
私の自転車に乗っている小学校低学年ぐらいの子供がいるではありませんか。

非常に綺麗に掃除されてありましたが、
紛れもなく私の自転車です。
防犯番号が削り取られていました。
そこで躊躇せず警察に電話しました。

驚いたことに、ものの5分もたたないうちにパトカー一台とバイクに乗った警官がやって来ました。
それからパトカーの後部座席にのせてもらって先ほどの子供を捜していると、
ちょうど前からやってきたので、「あれです!!」と言うより早く、
パトカーから降りた警官2名がその小学生を取り押さえたのです。

そこまで警察がするとは思っていなかったのですが、
警察はその小学生が泣くのもかまわずに詰問しています。
近所の人もいっぱい集まってきていました。
ちょうど帰ってきた母親と思われる女性が飛んできて、
事情を聞いて釈明しだしました。

「これは家の前に捨ててあったんです。」
すると警官は遺失物横領罪にあたりますと説明し、
母親と私もその自転車と共に警察署へ行きました。
そしてその母親は取調室へと消えていきました。

私は書類に必要事項を書き込み、ピカピカになったブリジストンのシティーサイクルを返却してもらって帰りました。
その後警察からは何の連絡もありません。

ちょっと親子にはかわいそうなことになってしまったと後悔した思い出があります。

by ozunu13 | 2011-03-24 19:08 | 自転車入門 | Trackback | Comments(10)
2011年 03月 23日

Bromptonのニューカラー

e0053660_19535131.jpg

カタログにはいろんな色が並んでいる。
うがった見方をすれば、
それだけモデル末期に来ているということだろう。

リッチー氏はとっくに経営権を譲渡し悠々自適。
これからブロンプトンはどうなっていくのだろう。

全く関係ない話だが、
ACの広告はもう見たくない。
電気が不足しているなら率先して民放の放送時間を短縮したらどうだろう。
家族が会話をしたり、本を読む時間にするのも良いと思う。

by ozunu13 | 2011-03-23 19:54 | 自転車入門 | Trackback | Comments(10)
2011年 03月 22日

ロッシン Rossin

e0053660_1853630.jpg

e0053660_1853335.jpg

これは池ちゃんがレストアしたものだ。
ロッシンは以前もっていたことがある。

このフレームが変わっているのは、
ヘッドの部分の溶接はTIGで、
他はラグ付き溶接になっている点だ。
TIGの溶接部分もまったく滑らかで美しい。

同じクロモリでもまったく乗った感じが違うのは驚く。
ロッシンは固く、ダイレクトで速い。
コルナゴのようながつんがつんくる固さでもない。
デローザとも違う乗り味だ。

このフレームなんだが、
なんとフルオーダーしたズッロとほとんど同じフレームスケルトン。
乗ったときのフィット感も素晴らしい。
まるで私のためにあるようなサイズではないか。

by ozunu13 | 2011-03-22 19:01 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(0)