人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ポタリングコース( 57 )


2017年 06月 07日

京都路地裏ポタ

e0053660_14492767.jpg

先日観光客でごった返す京都をブラブラしてきた。
e0053660_14501515.jpg
e0053660_14502381.jpg

久し振りに新福菜館のラーメンとチャーハン。
これはうまかった。
e0053660_14512161.jpg

大門(おおもん)近くの「うすばね」も買うことができ、
ラッキーだった。
最近いつも売り切れ状態だった。

最近路地裏散歩をしていると、やたらゲストハウスが増えたように思うのは思い違いだろうか。

by ozunu13 | 2017-06-07 18:48 | ポタリングコース | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 14日

京都ポタ 源光庵 「迷い」と「悟り」の窓 sanpo

金閣寺のすぐ近く鷹峯の峠を上がったところに源光庵はある。
美しく掃き清められた門を入れば、
静謐な空気であたりが包まれている。
e0053660_1855562.jpg

四角の窓は、人間の生涯を表し、
生老病死の四苦八苦を表す。
e0053660_18563087.jpg

円形の窓は、悟りと宇宙を表す。

秋の紅葉時には、人でごった返す本堂も、
ひんやりとした霊気に包まれていた。
緑の陰影が日が差すと移り変わり、
何時間でも座っていられそうだった。

私自身煩悩の権化だからだろうか、
四角の窓が特に気に入った。

by ozunu13 | 2016-07-14 19:03 | ポタリングコース | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 09日

高瀬川をたどるコース

e0053660_19415383.jpg

京都駅から高瀬川沿いを北上する。
mercyさんに教えてもらった道だ。
人通りがあまりなく、車も5条ぐらいまでほとんど通らない。
e0053660_1942725.jpg

4条までこの道を行くと大混雑になるので、
適当なところで鴨川ベリの側道へ。
あとは出町ふたばで夏の和菓子を買う。
わらび餅やくず餅、水無月など夏ならではの商品が並ぶ。
e0053660_19451688.jpg

酷暑のせいか一列しか並んでいなかった。

by ozunu13 | 2015-08-09 19:46 | ポタリングコース | Trackback | Comments(2)
2013年 03月 21日

京都路地裏ツアー

e0053660_1852636.jpg

水曜の夜突然クラブ員のさくぴょんさんから電話があり、
明日空いてますかとお誘いがあった。
ちょうど空いていたので二人で京都路地裏冥界ツアーへと。
e0053660_18521319.jpg

朝ご飯代わりにゑび秀さんでラーメンを食べる。
やっぱりうまい!!
e0053660_18522531.jpg

御金神社にお連れしたが、かなりびっくりされていた。
e0053660_18524286.jpg

お昼をイタリアンを食べて、幽霊飴屋と六道珍皇寺へ。
e0053660_18525255.jpg

小野篁が冥界と現世を自由に出入りしたという井戸を見学。
e0053660_1853194.jpg

京都から少し走って帰宅した。

京都はいろいろ楽しめます。

by ozunu13 | 2013-03-21 18:59 | ポタリングコース | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 28日

加古川 松風こみち~自宅へ

e0053660_1703432.jpg

今日は神戸ポタリングクラブ創設メンバーの丸ちゃんさんに会いに加古川へ。
地元のB級グルメかつめしの美味しいお店「一勝」さんを教えてもらった。

最近は知られるようになってきたが、加古川市民の大好物かつめしである。
ご飯に薄いカツをのせデミグラスソースがかかっている。
これがかなりおいしい。
e0053660_1752833.jpg

がっつり食べた後は教えてもらったポタリングコースを走った。
別府(べふ)鉄道の廃線跡に作られた道で、
加古川から山陽電鉄別府まで走れる。
e0053660_1754241.jpg

そこからは250号線の旧道を通り播磨自転車道へというコース。
e0053660_1765335.jpg

春を感じる良い一日だった。

by ozunu13 | 2013-02-28 17:09 | ポタリングコース | Trackback | Comments(8)
2012年 05月 03日

長浜の風景

e0053660_21354018.jpg

長浜は観光地ではあるが、しっとりと落ち着いた風情がある。
大通寺は真宗大谷派の風格のある寺。
お寺の掃除の行き届いた板間に座り、のんびりする。
e0053660_21355433.jpg

街の中には琵琶湖から豊かな水が流れ、すがすがしい涼感を与えている。

by ozunu13 | 2012-05-03 21:46 | ポタリングコース | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 01日

湖北ポタ ③クラブハリエ ジュブリルタン

e0053660_22493382.jpg

滋賀県は、クラブハリエ帝国と言っても過言ではない。
ここのお店がスゴイのは決して同じ種類の店をいっぱい作らないことだ。
それぞれのお店に個性があり、洗練されている。
パンはこの彦根のジュブリルタンでしか販売されていない。
e0053660_2251053.jpg

カレーなど食べないで、我慢しながらここまで到達する。
そのためにバームクーヘンで小腹を満たしておく。
スープと飲み物がついたクラブサンドセット1000円なり。
e0053660_2251889.jpg

神戸、京都、大阪といろいろたくさんパン屋さんで食べてみたが、
それでもここのパンは本当に美味しいと思う。
季節毎に作っているパンの種類も違う。
e0053660_230368.jpg

バターと砂糖でギトギトのパンでもない。
素材の味が生かされたおいしさだ。
e0053660_2304947.jpg

とにかく滋賀県に行ったら、クラブハリエだけで十分なのかもしれない。

長浜までのコースではお昼でいつも失敗していた。
これでほぼコースは完成したといえる。

by ozunu13 | 2012-05-01 06:47 | ポタリングコース | Trackback | Comments(10)
2012年 04月 30日

湖北ポタ ②シャーレ水ヶ浜

e0053660_15492465.jpg

近江八幡を経て、湖岸道路から長命寺方面へ左へ行く。
すると湖沿いの素晴らしい道が広がっている。
ここに入ってしばらく行くとシャーレ水ヶ浜という素敵なカフェがある。
e0053660_15505973.jpg

ここのカフェでお昼をと思いたいところだが、
許可をもらって珈琲だけにしてクラブハリエの焼きたてバームクーヘンを食べる。
e0053660_15545369.jpg

なぜなのかというと私的な意見であるが、
景色は最高だが、食べ物がちょっと??なのである。
e0053660_15551431.jpg

おいしいバームクーヘンを食べながら、眼前の景色を堪能する。

by ozunu13 | 2012-04-30 07:48 | ポタリングコース | Trackback | Comments(12)
2012年 04月 29日

湖北ポタリング ①近江八幡 sanpo

e0053660_7485231.jpg

近江八幡の駅まで輪行し、まずは観光。
e0053660_7491163.jpg

有名な建築物でなくても雰囲気が良い。
e0053660_7492250.jpg

近江八幡の境内にはたくさんの鯉のぼりがかけられていた。
e0053660_7512297.jpg

境内のクラブハリエで、焼きたてのバームクーヘンを買う。
開店直後なので誰もいない。
限度いっぱいの3個を買った方がいいいだろう。

このコースはお昼がちょっと難しい場所なので、
バームクーヘンでお昼を食べる時間をちょっと遅くするのが目的。

by ozunu13 | 2012-04-29 07:53 | ポタリングコース | Trackback | Comments(6)
2012年 04月 21日

兵庫 清盛ポタ

e0053660_17201514.jpg

今日はマサさんに余っていたフレームを一つあげた。
そのついでにまずたちばなでランチを食べに行った。
このご飯はマサさんが頼んだ大盛りご飯(強飯おこわと読まずにゴーハン)である(笑)。
e0053660_17221293.jpg

このおかずだけでもかなりのものである。
やはり1㎏のご飯はきつかったようだが、ほぼ完食されていたのはすごい。
e0053660_17222267.jpg

ご飯の上の写真の能福寺あたりを散策したら、
清盛号を走らせる方に遭遇。

どこかでお会いしたと思ったら、
以前ガレットさんの前で会ったシルクハットをかぶっていた角田(通称ジョバンニ)さんだった。
e0053660_17251181.jpg

今は自転車改良し、このあたりを観光ガイドしておられるそうだ。
体験でのせてもらったが、
今まで味わったことのない心地よさ。
ぜひ試して欲しい。

by ozunu13 | 2012-04-21 17:29 | ポタリングコース | Trackback | Comments(4)