人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ

2012年 08月 16日 ( 1 )


2012年 08月 16日

KOGA MIYATA のある風景

e0053660_20385595.jpg

通勤にロードで行くと、
小径車よりかなり楽だと気づく。

個人的には、小径車は好きだ。
しかし、メリットとデメリットを考えると、
小径車にはデメリットの方が多い。
小径車しか乗らない人は永遠にわからないだろう。

車輪が小さいと転倒しやすい。
よくこけている人がいるが、
たいていは車輪が小さいことが原因になっていると思う。
段差にも弱いので注意が余計に必要だろう。
またぶつかったときにも車輪が大きい方がクラッシャブルゾーンが大きくなる。
正面衝突するとホイールがゆがんで力を逃がしてくれる。
車輪の小さい小径車の方が正面衝突でより大事故になりやすいはずだ。

また小さい車輪をより多く回転させるため、
タイヤも摩耗しやすいし、駆動部分はより傷みやすい。
そう考えるとシマノインター8は良くできている。

折りたたんで運びやすいかというと、
実は小さくはなるが女性には持てないくらい重い。
ブロンプトンでもいろいろつけると13㎏ぐらいはある。
7~8㎏のロードの方がよっぽど楽に持てるはずだ。
パンク修理も女性にはまず無理だろう。

そういうデメリットの多さにもかかわらず、
世界で日本人ほど小径車が好きな民族はおそらくいないだろう。
アメリカ人の知り合いも日本の小径折りたたみの多さを見て驚いている。

合理性ではなく、感情的な問題ではないだろうか。
私自身も理由がわからないが小径車が好きだ。
おそらく辛い方が楽しいという日本人の自虐的本性なのだろう。
しかしより安全のためには、デメリットを知った上で乗って欲しいと思う。

by ozunu13 | 2012-08-16 20:46 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(6)