人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 12日

神戸らしい風景

e0053660_9324790.jpg

最近ニュースで姫路の小学生が市販のうずらの卵を孵化させたというのを聞いた。
うずらの孵化は結構やっている人がいるようだが、
彼はその後、名前をつけて学校から帰ると世話をしているという。
その過程で彼は親からの愛を感じ、涙を流したそうだ。
こんなに愛情をもって育てられたんだと。
小学6年生でそこまで考えられるのは本当に素晴らしいなと感心した。

大人になると1人で生きていると勘違いしがちだが、
いろんな愛情をもらって、生きてきたんだなと改めて考えさせられた。

by ozunu13 | 2017-01-12 09:40 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ozunu.exblog.jp/tb/25153134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 19510909 at 2017-01-12 12:48
こんにちは
私も“ちちんぷいぷい”を見てました
とても素敵な情操教育でした…ただ初めて産んだ卵を
母親は卵がけご飯で食べ、周囲がドン引きしたそうですね(笑)
とてもステキな家族構成!
Commented by ozunu13 at 2017-01-18 11:18
19510909さん
も見ておられましたか。
なかなかいい話でしたね。
でも確かにお母さんが食べたのには皆さんびっくりされていましたね。
でも生きているものをいただくという教育なんでしょうね。


<< 曇りのち雨      明けましておめでとうございます。 >>