人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 22日

ブロンプトンのある風景

e0053660_529245.jpg

天生我材必有用
千金散盡還復來

李白の「将進酒」の続きだが、非常に含蓄がある。
天 我が材を生ずる 必ず用あり
(自分はたいした人間ではないが、
天がこの世の生を与えたなら、何かの役目があるのだろう。)
千金を散じ尽くすも またまた来たらん
(千金を散財したとしても、そんなものはまた帰ってくるものだ。)

李白は溢れるほどの才能がありながら、
宮仕えが苦手な豪放磊落な人物で、
各地を旅しながら詩歌と酒を楽しんだと言われる。

by ozunu13 | 2010-06-22 05:43 | 自転車のある風景 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ozunu.exblog.jp/tb/12841122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by macycle at 2010-06-22 12:48
下の「君不見黄河~」の行を載せられた時に気になってこの漢詩を調
べて見ました。
「人生得意須尽歓」に非常に感銘を受けました。私が自転車とカメラを
始めようと思ったその時の気持ちそのままでした。
いい漢詩ですね。
Commented by まるとく at 2010-06-22 17:11 x
わたしも下の李白の漢詩に心惹かれました。
人生得意須尽歓
莫使金樽空対月 のところ 特にそう思います。何かしたいときは思い切ってしてみるのもいいことなんだって思いました。
Commented by ogak3 at 2010-06-22 17:22 x
はじめまして、絶妙なタイミングで
スコンと気持ちに入る詩に出会いました。
有難う!
Commented by ozunu13 at 2010-06-22 19:30
macycleさん
ええ、それはよかったですね。
存分に楽しんでください。
Commented by ozunu13 at 2010-06-22 19:30
まるとくさん
どんどんやりましょう。
人生は短いですよ。
Commented by ozunu13 at 2010-06-22 19:31
ogak3さん
いえいえ、何かお役に立てれば幸いです。


<< スパニッシュランチ      ビールの季節 >>