人気ブログランキング |

神戸ポタリング日記

ozunu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 25日

・BI・CI・CLASSICA

お店の詳しい場所と行き方
日曜は休みなので、注意が必要だ。
1960年代~90年代のビンテージロードバイクを扱っている。
ルイジさんの本業は建築家。

店内の照明もオリジナルで、独創的でおしゃれ。
良いものを見る目を持つためには、数多くの良いものを見ないとわからないものだ。

しかし、現在の日本にはもうあまり良いものは残っていない。
今日本で販売されている大手の会社のスチールフレームで買いたいものがあるだろうか。
大きな工場で流れ作業的に作ったものが散乱している。
「職人の良い仕事」を見られないのは、職人がいなくなってしまったからだ。

ホリゾンタルダイヤモンドフレームという制約の中で、いかにに良い仕事を結晶できるか。
ラグの美しさだけ見ても、ため息がでるほどのフレームがある。
今はなかなかみられない本当に素晴らしいスチールロードをこの目で見て欲しい。
e0053660_794186.jpg


by ozunu13 | 2009-08-25 07:13 | 自転車 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ozunu.exblog.jp/tb/10954802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pinarello_fp3 at 2009-08-25 20:14
ルイジさんにメールでロッシンの価格を問い合わせているところです。
価格を聞いても、今すぐ買うわけではないですが。。。^ ^
Commented by hochamt at 2009-08-25 22:50
私もロードを買うならスチールのホリゾンタルと決めています。
ビンテージのいいのが買えたら最高なんですが、いつのことになりますやら(苦笑)
Commented by ozunu13 at 2009-08-31 19:46
かーすけさん
あの状態でそれくらいの値段ならいいでしょうね。
Commented by ozunu13 at 2009-08-31 19:47
hochamtさん
ビンテージのものはなかなかないですからね。
誰か知り合いに譲ってもらうのが1番かもしれません。


<< かしこい自転車の買い方 3箇条      モールトンミニはポタリングに最高!! >>